Funny Pack

地図にコンパス、虫よけに日焼け止め、手袋に行動食、スマホなどなど…
すぐ手元に欲しいギアを気にせず放り込むのに必要十分な容量を保ちながら、それをささえる背負い心地(巻き心地)を最優先に設計。
「腰に回してヒップパック」
「斜め掛けにフロントパック」
状況に合わせて使いまわせるサブバッグのニュースタンダードです。
Hand-Crafted in Japan

価格6,000円(税込)
重量110g
容量1.3L
スタンダードモデル指標サイズ

”なぜウエストポーチ?”

夏の暑い時期、風を身体の正面に受けたくてもフロントパックが遮ってしまって…
そのようなシチュエーションではウエストポーチはとても快適。
ポケットの少ないトレイルランニング用のショーツでも、腰回りを活用するウエストポーチであれば、足上げなどを妨げず、手元に置きたい荷物が持ち運べます。

手元に欲しい道具の出し入れが頻繁であれば胸元に回してチェストパックとして…
パッと取り出せて、すぐ仕舞える便利さはフロントパックの長所です。


容量

他のポケットはいらないほど…
たくさん入る収容力が大きなポイント。

立体構造

荷物を入れるのに適した立体的な構造

パッキングの例

「テンカラ釣りでのひとこま」

  • サングラス
  • スマートフォン
  • テンカラ道具
    (糸切、フォーセップ、浮かせ油)
  • テンカラ道具一式
    (毛鉤入れ、仕掛け巻き、ハリス、予備の仕掛け)
  • 虫よけセット
    (虫よけ、ハッカ油、虫刺され薬)
  • 日焼け止め
  • 地図

「普段使いでのひとこま」

  • 小物入れ
    (リップクリーム、日焼け止め、ガム、目薬)
  • ペットボトル500ml
  • スマートフォン
  • 財布

使い心地

荷物を入れた状態での背負い心地(巻き心地)を最優先に設計。

立体構造

肩回りや腰回りなど、円筒状のものに対して巻き付くようにフィットする、立体的なラウンド構造。

開口部

中の荷物にアクセスしやすい斜めに配した開口部。
斜め掛けした際、チェストポケットのように使えます。
どちらの肩に掛けるかユーザー自身の好みに合わせて、2パターンのモデルを用意しています(利き手とは関係ないようです。ご自身の習慣でご選択ください。)。

使い心地

テープをあえて幅広(38㎜巾)にし、荷物を支える面積(身体にあたる面積)を増やして、軽さよりも快適性を優先させました。
また、単純な構造のため、ねじれなどによるストレスも発生しにくく使い勝手にも貢献しています。

シンプルな構造

脱着やテープの長さ調整を行うのは、プラスティック製のバックルたったひとつ。
シンプルゆえ操作性に優れています。


カスタム仕様

正面の生地を変更できます。

Robic210

通常のスタンダードモデルはRobic210生地を使用。
最大の特徴は、ナイロンのみで織られた生地のため、しなやかに伸びがある点。
不意に起こる衝撃や擦れに対し、柔軟によく耐えます。
引き裂きにも強いリップストップ生地。

追加価格+0円
生地重量140g/m2
生地変更による追加重量+0g
防水性TPUコーティング
※生地には防水性がありますが、本体は防水仕様ではありません

xpac07

独特な格子状の補強糸が特徴のラミネート生地。
正面生地で切り返しとなるため、斜めに入ったデザインが引き立ちます。

追加価格+500円
生地重量160g/m2
生地変更による追加重量+0g
防水性ポリフィルム
※生地には防水性がありますが、本体は防水仕様ではありません
※生地の特性上、製造工程でシワが入る場合がありますが、性能面での影響はございません。あらかじめご了承ください。

特徴

気室

メイン気室に加え、背面にもサブ気室を設けています。
いずれもファスナーで閉じることができるため、荷物の飛び出しを防ぐことができます。

キーループ

メイン気室内部には、大切な鍵などを掛けるループを設けています。

ループ

正面にループポイントを設置。カラビナなどを引っかけるポイントとして使用できます。


更新情報:

※2023年10月価格改定いたしました。

※2023年3月からテープ長を200㎜延長しました。
これにより、テープを延ばした際の最大長(円周)は約1100㎜から1300㎜に変わりました。
また、重量が105gから110gになりました。